検索

マレーシアでITデザインを学ぶ


学生さんプロフィール

 

名前:工藤 つぐみ

学校:Multimedia University (マルチメディア大学)

学部 : Creative Design(クリエイティブデザイン)学部、Advertising Design(広告デザイン)科

留学形式:正規大学留学 3年間




マレーシア留学を決めた理由

 

マレーシアで現地就職し、クリエイティブな仕事に就きたい!


元々海外が好きで海外移住に憧れていた点と、デザイン科の高校を卒業している点の2つの理由から

将来は海外でクリエイティブな仕事に就く事が私の夢でした。


マレーシアを含めたASEAN諸国は、ここ最近日本よりIT化が進んでいる事もあり

これからの時代に必要なITデザインをマレーシアで学ぶのは正解だと思ったんです。



マレーシア留学ならではの魅力!


また、私は日本で短期大学を卒業し1度社会人経験を経ているので

自分の貯金内で安く海外留学が実現でき、最短3年で卒業できるのも

マレーシア正規大学留学の大きな魅力でした。


何よりも初めてマレーシアに旅行に来た時、この国素晴らしさに魅了されてしまい

絶対にマレーシアで新しい事を挑戦したい!というという強い気持ちも

留学を実現させる為の強い原動力になっていたと思います。



クアラルンプールの様子



入学した大学・学部について

 

私はMultimedia大学の、ITデザインを学ぶ学部に通っています。


授業では主にWebデザインや3Dソフトを使ったモデリングの授業、Webマーケティング、映像撮影などといった幅広いIT系のデザインを学んでいます。


Multimedia大学はマレーシア政府と現地のIT企業が提携して設立した大学の為、

授業の質が素晴らしいのが魅力です。




Unicoに背中を押してもらい、素敵な大学に入学できました!


私の大学は数あるマレーシアのデザイン学部でもトップレベルの大学のため、

まさか自分が入学出来るとは思っていませんでした。


入学前の提出課題として、自分で作成したデジタルイラストや、大学レベルの英語力が審査される為、

私の画力や英語力ではきっと入学は無理だろうと諦めていたんです。


しかし、Unico代表のミナさんに相談した所、せっかくなら挑戦したらどうかとご提案頂きました。

ミナさんご自身もマレーシアに留学されていたので

現地の様子が分かる方からのアドバイスはとても信頼できました。


クラスメイトの人種やバックグラウンドは様々です!



せっかく背中を押して頂いたのだから…と、Multimedia大学に勇気を出して応募したら、

見事に合格できてしまったんです!


当時は社会人だったので、仕事をしながら英語を必死に独学で勉強し、提出課題のイラストを描き、とても大変な生活でした。


しかし今では優勝な仲間たちに日々刺激されながら、高度な技術を学べているので頑張ってよかったなぁと思えます。


あの時背中を押してくれたミナさんには本当に感謝しています!



動画撮影のグループワーク課題に取り組んでいる様子




留学・生活の体験談

 

マレーシアでの生活はとても楽しいです!


マレーシアの魅力は沢山あり、一言では表せません。


特に様々な国のご飯や文化、宗教を楽しめるのが素敵な点です。

一年を通してイスラム教、中華系、インド系などの様々なお祭りやイベントがあちこちで行われます。


インド系マレーシア人のお祭りの様子


年中温暖気候なのも良いですね。課題に疲れた時は外に出て太陽を浴びるだけで元気になります。


また、マレーシア人はいつも陽気でとっても優しい心を持った方が多いです。

多国籍国家だからかマレーシア人の皆さんは語学に長けていて、3・4ヶ国語程の言語を操る方が多くいらっしゃいます。

語学学習のコツを聞くのもいいかもしれませんね。


お散歩の様子。マレーシアは美しい自然に囲まれています。



留学中は苦労する事も!


ただ、留学生活は勿論楽しい事ばかりではありません。

海外の大学は日本の大学と比べて大変というのはよく聞く話ですが

日本の短大を経験している私からしても、マレーシアの大学は日本の何倍も忙しく感じます。


しかも突然行われる英語でのプレゼンテーションやディスカッションは日常茶飯事。英語での発言に慣れていない日本人にとって大変です。


学校や学部によりますが、特に私の学部はデザイン学部なので提出課題が大量にあります。

平日は授業を受けて夜まで作業、土日はカフェに篭って勉強する事もしばしば。


正直大変ではありますが、優しくて寛容なマレーシア人達や留学生の仲間達がいつもサポートしてくれるので楽しく勉強ができています。


何よりひとつひとつの課題を英語でやり遂げた時の成長感や達成感は日本の大学にいたら絶対味わえないだと思います。

英語でプレゼンテーションやディスカッションをした経験は、将来自分の強みになる事間違いなしです!


オンライン プレゼンテーションの様子。
ITの学校なのでプレゼン動画のセンスや動画編集スキルなどもチェックされます。



Unicoのサポートについて

 

Unicoのいい所は、なんと言っても日系留学エージェントと現地留学エージェントのいい所取りな点です!


通常の日系エージェントは、一からエージェントと学校や学部を決める仕組みになっている為、サポートが手厚いぶん高額な料金を払わなければいけないサポート会社が多いようでした。


私自身ある程度自分でマレーシアの大学を調査し、行きたい学部も決まっていたので最初から手厚いサポートは必要としていませんでした。


せっかく学費が安いからマレーシアの大学を選んだのに、エージェントに高額を出してまでサポートを依頼するのは勿体ないと考えていたので

初めは全て自分で入学手続きを行っていたんです。


しかし、いざ手続きを進めていくとなると提出書類の書き方が難しかったり、学校やVISA担当者からの返事が遅かったりと、何しら不安は尽きずにいました。


そこで元々ファンだった(笑)YouTuberのミナさんが、現地のエージェントと提携した留学サポート・Unicoを無料で行っているという情報を目にし、早速連絡をしました。



Unicoに頼んで大正解でした!


まずはミナさんと日本語で相談させて頂き、現地エージェントのサポートをお願いする事になりました。


現地エージェントは現地大学とのコネクションも強く、現地の雰囲気や立地も把握しているので 現地人の視点からアドバイス頂けるので安心です。

実際マレーシアに来てみると、他の日系の留学エージェントのサイトに書いてあった情報とは事実が異なっている事があるように感じました。


また現地エージェントとは英語でやり取りをするため、大学に入る前の英語の勉強にもなり良かったです。


何よりも、無料でここまで手厚くサポート頂けるのは、本当に有難かったです。


勿論日本語で1からサポートしてほしい方は日本語のプランもあるので、他にはないユニークで素敵な留学エージェント会社だなと思っています。

※日本語での一からのサポートは有料とですが他の日系エージェントと比較するとかなり格安です。




留学を考えている人にメッセージ

 

今すぐ挑戦してみましょう!


留学をお考えの皆様には是非、挑戦したい気持ちを大切にし、今すぐに実行して頂きたいと思っています!


私はマレーシア留学を考えている最中で世界がコロナ禍になってしまい、学生ビザでの入国が困難になってしまいました。


入学・入国出来るようになるまで英語学習や貯金をして待っている状態だったので準備時間が沢山あったのは良かったのですが、

早くマレーシアに行きたい!という気持ちが募るばかりで苦しかったです。


やりたい事は先延ばしにせず絶対に今すぐやるべきだと改めて感じています。


これを読んでいる皆様も、今挑戦たいその気持ちを大切にして頂きたく思います。


是非Unicoのサポートで、素敵なマレーシアの留学生活を送りましょう!


中華系のお寺の様子